2021/07/06

エチオピアの笛

 アフリカには弦楽器や打楽器が数多くあり、ヨーロッパやアメリカ大陸の楽器にも多くの影響をあたえている。

ただ、なぜか管楽器は少ない。アフリカの人はリズム好きなので、メロディ主体の管楽器はあまり発展しなかったのかな。

そんな中で、ワシント (washint) という笛。

ワシント washint を演奏する人
ワシント (washint)
Washint is an end-blown wooden flute originally used in Ethiopia. 

エチオピアで使われている木管楽器で、日本の尺八と同じような構造で筒の端っこのエッジに息を吹き付けて音を出す。
構造が単純なため、演奏を習得するにはがんばって練習するしかない。リコーダーのように息を吹きこめば鳴るということはない。
ワシントは、さまざまな長さ(音程)が存在し、演奏者はさまざまな曲の種類に対応するために、いくつかの異なる楽器を持ち替えて使う。

伝統的に、アムハラ語のミュージシャンは、クラルというハープ型の弦楽器や、マセンコという1弦フィドルなどと一緒に生活や歴史を歌い綴る吟遊詩人とし活躍していた。



2021/06/26

End-blown flute

 「End-blown flute(エンド・ブロウン・フルート)」は、管上端の鋭いエッジに気流を吹き付けることによって演奏される木管楽器の総称。

管の本体内に発音する構造はなく、管の端っこで音の源が発生する。日本語では「シャクハチ類」と呼ばれている。

シンプルな構造なので高い演奏技術が必要であるが、演奏技術を活かして多用な表現が可能で、奏者の個性を発揮しやすい。


ナーイ

ナーイ ney アラブの縦笛
ナーイ (ney) は、End-blown flute の仲間で、アラブ古典音楽で使われている。葦の茎でできており、5~6個の指孔が開けられている。
とても古く伝統的な楽器で、紀元前より存在していて、5000年前にはすでに存在していたとも云われている。
数種類大きさがあり、現在のナーイは、西洋音楽に近い音程で7種類ほどのキー(ピッチ)を持つ楽器が用意されているようだ。


シャクハチ類 というぐらいだから、もちろん日本の尺八もシャクハチ類だ。
他にも 私家版楽器事典に載っているものは・・・・。



2021/05/11

楽器検索

 

楽器に関する検索。知りたい楽器
Musical instruments Search

楽器の名前、民族楽器の地域、種類別など.... あらゆる楽器に関する情報を検索できます。


2021/04/06

世界の楽器/民族楽器

 
古代ペルシアの楽器
古代ペルシアの楽器

古代エジプトの楽器
古代エジプトの楽器

メキシコのマリアッチ mariachi
メキシコのマリアッチ

日本の雅楽
日本の雅楽

Web楽器事典
世界の楽器をイラストで見てみよう

2021/03/03

モンゴルの縦笛

 ツォウル tsuur (chuur)

ツォウルは、モンゴルやトゥバなどの笛

The tsuur (chuur) is a wind instrument (end-blown flute) of varying lengths that is common among Inner Asian pastoralists.

ツォウルは、インナーアジア(モンゴル,トゥバなど)の牧畜民の間で一般的な管楽器。穴が3つだけの単純な構造。

構造は単純でも演奏は単純ではない。唇、歯、舌を使い、なんと歌いながら演奏する。

ツォウルで演奏されるメロディーは、アルタイの草原や山の斜面で羊飼いが聞く水の音、動物の鳴き声、鳥のさえずりを模倣したものだという。



2021/02/01

コルネット cornetto(ツィンク Zink)

 コルネットは、中世、ルネッサンス、バロック時代にさかのぼる初期の管楽器で、1500年から1650年にかけて使われていた。

コルネット cornetto(ツィンク Zink)

唇を震わせて音を出すんだけど、古い時代の管楽器なので、バルブではなく、孔を開け閉めして音程を変える。

現在にもコルネットと呼ばれる金管楽器があるが、これはバルブを使っており別物。

ドイツでは Zinkと呼ばれていた。





2021/01/20

管が2本のホーンパイプ

 アルボカ Alboka(Albogue)

アルボカ Alboka (Albogue)を演奏している人
アルボカは、スペイン北部とフランス南部の国境あたりのバスク地方を中心として使われている管楽器。
動物の角(つの)を利用した木管楽器を「ホーンパイプ hornpipe」と呼ばれることがあるがアルボカもそのひとつ。吹き口とベル部分に角が取り付けられている。

2本のパイプを平行に並べてあり、5個の音孔のパイプと 3個の音孔のパイプで構成されている。その1本1本にシングルリードが組み込まれている。
演奏者側から見て左側のパイプを左手で2個の音孔を操作、そして左右2本のパイプを右手で同時に操作する。


5個の音孔と3個の音孔のパイプ
2本が並べて取り付けられてる

演奏は、角の吹口から2本のパイプに息を吹き入れる。 バグパイプのように音を途切らせること無く吹き続けることができるが、これは循環呼吸の演奏でなせる技だ。






2020/12/06

パイソン チューバ

 金属のパイプで縛り付けられているようだ。逃げ出すことができないようにガンジガラメである。

演奏のため、いったんセットすると一生取り外すことができない。そんな気もするデザインだ。

ミラフォン(MIRAPHONE) パイソンチューバ Python tuba
パイソンチューバ Python tuba

パイソン・チューバ(Python tuba)は、ドイツのミラフォン(MIRAPHONE)というメーカーが作っている。
ミラフォン社のWebページを見ると、価格はユーロで €9,941 と記載されていた。




2020/11/09

トランペットと似ているけどちょっと違う

 フリューゲルホーン(フリューゲルホルン)

フリューゲルホーンを演奏している男性の図
フリューゲルホーン Flügelhorn 標準の3バルブ
フリューゲルホーン

The flugelhorn is a brass instrument that resembles the trumpet and cornet but has a wider, more conical bore.
フリューゲルホーンはトランペットやコルネットと似た形状で管の長さも同等。ただし円錐形の部分が多く、管も太いので柔らかくまろやかな音が出る。全体の形状も丸っこく作られている。

Like trumpets and cornets, most flugelhorns are pitched in B♭.
音程もトランペットやコルネットと同じく、Bフラットのピッチで構成されている。



フリューゲルホーンは19世紀のはじめ頃、ドイツで開発された金管楽器で、3つのバルブが基本。ただし、フランスのメーカーなどは4バルブの楽器も製作している。
4バルブのフリューゲルホーン Flügelhorn
playing the 4valve-Flügelhorn
4バルブのフリューゲルホーン







2020/10/20

ベルが ふたつある金管楽器

ジャッゾフォン jazzophone 

ベルがふたつのジャッゾフォン jazzophone

The jazzophone is a Saxophone-shaped double-belled brass instrument, with a trumpet-like mouthpiece.

ジャッゾフォンはサクソフォンのような形をした金管楽器。ただし、トランペットと同様のマウスピースが付いている(金管楽器)ので、サクソフォン(木管楽器)とは発音の仕組みが違う。

ジャッゾフォンは、1920年代に作られたようだ。

この楽器の特徴は、見たとおり、二つのラッパ(bell)が付いていること。一つのラッパは普通に開いたままで、もう一方はワウワウミュートがついてる。

二系統の管は切り替えられるようになっているわけだけど、両方鳴らすことはできない。

それなら、普通のトランペットで普通にミュート演奏すればいいと思うんだけれども、これはこれで なんか面白楽器ということで存在してたのかな。いや、もっと驚くパフォーマンスを発揮するのかな。


2020/09/02

低音のダブルリード木管楽器

 ヘッケルフォーン heckelphone

ヘッケルフォーン heckelphone ダブルリードの木管楽器

ヘッケルフォーンは、ダブルリード(2枚リード)の木管楽器。

楽器の名前は楽器製作者のウィルヘルム・ヘッケルから来ている。先端のベルが丸っこいのが特徴。

リチャード・ワーグナーによって提案され楽器で、オーボエと比べると、1オクターブ低い。



IROMBOOK 私家版楽器事典



2020/08/07

チベット仏教で用いられる管楽器

 ギャリン Gyaling

チベットの管楽器 ギャリン Gyaling

ギャリンは、ダブルリードの木管楽器。木製の円錐形管の先端に金属製のベルがついていている。日本ではチャルメラなどと呼ばれている管楽器と同じ系列の楽器。


トゥンカル Dung dkar

チベットの管楽器 トゥンカル Dung dkar

トゥンカルは、大きな巻き貝をラッパにしたもの。金属のモールが取り付けられており、色とりどりの石を貼り付けているものもある。日本の法螺貝と同じ作りをしている。


ラグドゥン Ragdung

チベットの管楽器 ラグドゥン

ラグドゥン は、長さが2~3mほどある長いラッパ。寺院からの通信道具として使われる。



2020/07/06

ナチュラル

バルブの無いトランペットやホルンは、古い楽器なので、わざわざ「ナチュラル・・・」をつけて名前を呼ぶことになっている。

もともとバルブがなかった時代、精密な加工が必要なバルブを作る技術がなかった時代、金管楽器はこんな作りが当たり前だった。楽器単体で高さの違う音を出すことはできるが、限られた音程しか出せない。が、これはこれで通信や信号としてはもちろん、イベントの場では力強い音がでる楽器として立派に機能していたのだ。

時代は代わり、バルブを取り付けることによって、あらゆる半音を出すことができるようになり、どんな調でも演奏できる楽器が作られた。現在のようにとても幅広い楽曲、多様な編曲で使われるようになったのはバルブの恩恵なんだね。
natural trumpet ナチュラルトランペット

natural horn ナチュラルホルン

そもそも、昔から「ナチュラル・・・」という名で呼ぶことはなかったはずで、当時のバルブの無い金管楽器を「ナチュラル・・・」と呼ぶようになったのは、最新の楽器が普及したからだ。


2020/06/05

トロンボーンの仲間

音をなめらかに変化させることができること(グリッサンド)が特徴のトロンボーン。この楽器にはさまざまな種類がある。
今日最も使用されているトロンボーンは、テナー・トロンボーンとバス・トロンボーン。単体でテナーとバスを切り替えるができるものも多く使用されている。
高音域ではトランペットと同じものから、さらに高音のピッコロ・トロンボーンまである。
--- + ---

テナー・トロンボーン tenor-trombone
テナー・トロンボーンは、最も一般的な種類のトロンボーンで、ジャズやポップスなどで多く使われている。



テナーバス・トロンボーンtenorbass-trombone
テナー・トロンボーンの機能を持ち、更に低い音(バス)に切り替えることができる。
スライド管で長さを変えるのはもちろんだが、その他にメイン管の途中に、ロータリーバルブがつ付いて管の長さを切り替える機構(Fアタッチメント)が備わっている。
このため、広い音域をカバーすることができる。



ソプラノ・トロンボーン soprano-trombone
ソプラノ・トロンボーンは、通常、テナー・トロンボーンより1オクターブ高い B♭ のピッチになっている。
コルネットなどで代替も可能なので、あまり普及はしていない。



バルブ・トロンボーン valve-trombone
バルブ・トロンボーンは、スライド管ではなく、バルブで音程操作をするトロンボーン。
バルブ・トロンボーンは、ロータリーバルブとピストンバルブの機器の技術が急速に発展した19世紀に最も人気を博した。
B♭ テナー・バルブトロンボーンは、B♭トランペット(標準のトランペット)と同じ運指を使用している。
アドルフ・サックス製でもバルブ・トロンボーンという名の楽器も存在したが、まったく構造は異なる。



チンバッソ cimbasso
チンバッソは、バルブ・トロンボーンの低音バージョンと位置づけられる。
3~6個のピストンバルブまたはロータリーバルブ、最新のタイプでは ほとんどの場合 Fでピッチングされているが、E♭、C、B♭などが存在する。
大まかにはチューバやコントラバスのトロンボーンと同じ音域



2020/05/01

タイ王国の木管楽器 / ピー (Pee)

ピーは、タイの管楽器。
長さ40cmほどのピー・ナイや30cmほどのピー・ノークなどがある。
現在の木管楽器は左手が手前で右手が遠い側にして演奏する。ただ、昔むかしは、持ち方は統一されておらず、ヨーロッパでは、左右どちらで構えても演奏できるように設計された楽器もあった。

さて、この楽器タイのピーは、どちらかというと右手が手前という持ち方のほうが多いみたい。写真や動画をみるとほとんどが右手手前だった。
このイラストも右手手前で描いてある。
タイ王国の木管楽器 ピー pee
タイの木管楽器 ピー
リードを備えた木管楽器でダブルリードの木管楽器で、リードはヤシの葉を使っているという。
もともと、reed は葦(あし)のことで、リード楽器は葦の茎を使っているのが一般的。だから、楽器のリードはリードと呼ばれる。
そんな中で葦ではないリードというのは、なんかややこしいが、まあいいか。

ちなみに、pee というのは 英語の幼児語で「おしっこ」のことだそうで、peeを検索すると おしっこに関する記事が出てくるので、楽器の pee を探すのはちょっと困難だ。

2020/04/07

テノーラ(カタルーニャのショーム)

テノーラ(Tenora , Catalan shawm)

テノーラ  tenora は、スペインのカタルーニャ(カタロニア)で使われているダブルリードの木管楽器。カタルーニャのショーム(Catalan shawm)と呼ばれている楽器のひとつで長い管を持っている。
現地語の tenora は、いわゆる テノールのことで、その音域から名付けられている。
Catalan shawm / Catalan tenora

2020/03/08

バスーンとファゴット

外国から来た言葉は名前が複数あって混乱する場合がある。
外来語の場合、英語だったり、フランス語だったり、イタリアやスペイン、ドイツと様々。

外来語の多い楽器の名前も統一されず、いろんなカタカナ表現で呼ばれたりする。例えば、コーラングレとイングリッシュホルン、ハープシコードとチェンバロ、トロンバ マリーナとトルムシャイトなど。ピアノなんかは英語であっても、もともとはイタリア語だ。

日本へはヨーロッパ各国からも英語圏からも言葉が入ってくるので、名前が統一されないのは致し方ないのかもしれない。

さて、低音木管楽器のバスーンとファゴット。
これは、どちらも同じ楽器の楽器名として使われており、日本ではファゴットのほうが若干多く使われているようではある。
ファゴットは ドイツやイタリアの名称であり、バスーンは 英語だ。日本では英語表現を主に使う傾向がある中、ヨーロッパの言葉を優先して使っているというのが現状のようだ。

さらには、バスーン と バソン も区別されていて、フランス語から来ているバソンは、バスーンとはちょっとキー配列なんかが違う。
バスーン  bassoon(fagotto)
標準としてのバスーン。「bass...」という言葉が入っているとおり「低音の...」という意味合いがあり、2枚リードの管楽器の中では低い音が得意だ。



ダブルバスーン  doublebassoon(contrafagotto)
もともと低い音程の楽器ではあるけれども、さらに低い音が出るのがダブルバスーン。バスーンより1オクターブ低く、最低音はピアノの最低音とほぼ同じで、メッチャ低いのでブルブルという感じの音に聞こえる。



テノルーン  tenoroon(tenor fagotto)
「bass」代わりに「tenor」の言葉が冠される。木管楽器としては比較的低い音だけどバスではなくテナーの位置にあるということになる。バスーンより5度高い。






2020/02/02

伝統的なダブルリードの木管楽器

伝統的なダブルリードの木管楽器
チャルメラや篳篥の仲間
伝統的なダブルリードの木管楽器。


アルガイタ algaita(アルジェリア)

グアンズ 管子 guanzi(中国)

シャーナイ shahnai(インド)

スオナ 哨吶 suona (中国)

ズルナ zurna(トルコ)

テピョンソ 太平簫 taepyeongso(韓国)

ドゥドゥク duduk(アルメニア)

ナーダスワラム nadaswaram(インド)

ビシグール bishguur(モンゴル)

ひちりき 篳篥(日本)

ポンマー pommaer(ヨーロッパ)

ミズマール mizmar(エジプト)

ダブルリード(double reed)は、リード木管楽器の音源に当たる部分。乾燥させた葦(あし)を薄く削ったものを2枚重ね合わせてある。 また、篳篥やドゥドゥクなどのように葦をペッタンコにつぶして平らにしたものもある。

これらの伝統的な楽器は、ヨーロッパではメカニックに操作でき、安定して孔を塞ぐキーを取り付けるなどしてオーボエやファゴット、イングリッシュホルンなどに発展していく。


2019/12/05

フォルクローレ

Andean folclore
南アメリカ・アンデス諸国(ボリビア・ペルー・エクアドルなど)の民族音楽。

南米アンデスのフォルクローレで使われる楽器 Andean folclore


アンデスの民族音楽とはいうものの、先住民の伝統的な音楽にヨーロッパの音楽文化が大きく影響している。アンデス地方の民族楽器とされるチャランゴは、1600年頃 スペイン人が持ち込んだ弦楽器を元に作られたということだ。
さらに近年、バイオリンやギターなどの世界標準の楽器が加わるなどして、西洋音楽の要素が増してきているかもしれない。

チャランゴ Charango
もともとは共鳴胴がアルマジロの甲羅で作られていた(現在の新しい楽器は木製)。
弦は、2本づつ4コースなので、8本の弦を備えている。

ケーナ Quena
葦の筒でできた笛。日本の尺八を小さくしたような楽器。

サンポーニャ Zampona
長さの異なる葦の筒を複数並べてある。

ボンボ Bombo
長い胴体のバスドラム。
合奏の時は、ストラップで吊るして両手にもったバチで叩く。


2019/11/14

ファド

ファド (Fado)は、ポルトガルの民族歌謡。レストランなどでうたわれる大衆の歌。
Fado は「運命」とか「宿命」というような意味があるようで、喜び、悲しみを歌い上げるのが本来であったが、もっと気軽な歌詞も増えてきているらしい。
伴奏には弦楽器が使われる。
ファド fado で使われる楽器


ポルトガル・ギター
ポルトガルでは、ギターラ guitarra(つまりギター)というと、この楽器を指す。
12本弦で2本組になっているので6コース。

ギター
ポルトガルでは、ギターをビオラ viola と呼ぶ。

ベース・ギター
ポルトガルでは、ビオラ・バイショ viola baixo。ビオラはギターのことなので、つまりベース・ギターのこと。
音響胴を持つアコースティックのベースギターだ。


ファドの女王
アマリア ロドリゲス

ファドの女王とも呼ばれるアマリア ロドリゲス(1920-1999)。google のlogoに使われた画像をコピーさせていただいた。
背景にポルトガルギターが描かれている。


2019/10/05

マリアッチ mariachi

マリアッチは メキシコの楽団。
各バンド固有のコンサートもあるが、お祭り、宴会、記念日など、めでたい場面で活躍する。
マリアッチの語源は「マリア様」から。そして、めでたい場面の代表である「結婚する」という意味の、マリアージュ (mariage フランス語)も重ね合わされた名称らしい。
メキシコの伝統的な楽団 マリアッチ
ラテン音楽といえば打楽器が頻繁に使われ、その種類も多い。なのに マリアッチは、なぜか打楽器をほとんど使わない。
楽団で使う楽器は弦楽器が多い。ギター、ギタロン、ビウエラ、アルパなど。管楽器ではトランペットやフルート。また、アコーディオンが加わることもある。

トランペット trumpet

バイオリン violin


バイオリン奏者は一人だけの場合もあるが、複数人が参加することが多い。


ギタロン guitarron
6本弦の楽器。フレットはない。低音を担当する。

ギター guitar
いわゆるクラシックギターでナイロン弦が張ってある。


メヒカン・ビウエラ(メキシカン・ビウエラ) Mexican vihuela
ビウエラ、古くから使われている弦楽器で色々な形のものがる。このビウエラは、ギターより少し小さく弦は5本。


アコーディオン accordion
ピアノ型白黒鍵盤のアコーディオン。

アルパ arpa
もともとヨーロッパの楽器だけど、グランドハープのような複雑な構造をもたない。中央アメリカや南アメリカではよく使われている。


2019/09/09

バジェナート Vallenato

Vallenatoは、コロンビアのフォークミュージック。カリブ海沿岸で生まれ、この音楽が定着したのはバジェドゥパル(Valledupar)という山脈に囲まれた 地域だといわれている。なので、Vallenatoは「谷間で生まれた」という意味である。
バレナートという表記を見かけることがあるが、Vallenato は、スペイン語なのでバジェナートだ(とはいえカタカナにすると少し発音が違うかもしれないが)。
ハカ バジェナータ Caja vallenata アコーディオン Accordion
コロンビアのバジェナート
アフリカ発祥と思われる太鼓がスペインの入植者とともにコロンビアにやってきた。その伝統的な太鼓は、 Caja vallenata として新しい素材で開発され作られるようになった。片面ヘッドで比較的 単純な構造をしている。

特別なアコーディオンではない。ただし、日本で普及しているピアノやオルガン式の白黒鍵盤ではなくボタン式だ。

木製のパーカッション。表面にギザギザを付けて、一部をくり抜いてある。金属ワイヤーのついたフォーク状のビーターでリズムを刻む。
この名前は、グアチャラカという鳥がいて、その鳴き声からきている。鳥としてはあまりきれいな鳴き声ではないかも。

2019/08/02

Middle Eastern musical instruments

Middle Eastern musical instruments


Arab qanun(kanun) player
Arab qanun(kanun) performer
The qanun  is a Plucked string instrument played either solo, or more often as part of an ensemble, in much of the Middle East, and Central Asia. 

https://digitalstamp.suppa.jp/musical_instruments_a/index.html

2019/06/17

ネイティブ アメリカンの楽器

ネイティブ・アメリカン(アメリカ・インディアン)の伝統的な楽器。
Native American flute

ネイティブ・アメリカンの縦笛 American flute
アメリカンフルートはアメリカ先住民の縦笛。アメリカインディアンはこの笛を、求愛・治癒などに使った。また、様々な儀式でも演奏されたという。

Native American / Apache fiddle / tsii'edo'a'tlアパッチ・フィドル Apache fiddle / tsii'edo'a'tl
アパッチフィドルはアメリカ南西部の先住民族のアパッチ族の人々に愛用された弓で音を出す楽器。
弦も弓の毛も馬のしっぽで できていることが多く、本体は乾燥地帯に生えているアガべ(Agave)という植物からできている。
この楽器は、ヨーロッパの入植者が北アメリカに持ち込んだフィドルを真似て作られたという。

ネイティブアメリカンのドラム
パウワウとは インディアン部族の集会のこと。音楽と共に踊って歌うカーニバル。
その時に使う おなじみの太鼓。

Cherokee turtle rattle
ラットル(ガラガラ)は歌や踊り、そして儀式にも、リズミカルな音を出すために世界中で使われてきた。
ネイティブアメリカンでもラットルは古くから式典や儀式に使われてきた。貝、木の実、角(つの)など様々素材が利用されているが チェロキー族には亀の甲羅を利用したラットルがある。


Musical Site

グラフィックツール と 背景テクスチャ と アイコン と 楽器事典

グラフィックツールを作ったのだけれど、そのグラフィックツールで作った背景テクスチャやアイコンを展示してます。もちろん自由にコピーして使っていただいていいのです。

そして、そのアイコン。楽器のアイコンなんだけれどもアイコンだけじゃもったいないというわけで楽器事典というか楽器図鑑というかそんなページもついでに作ったわけ。

楽器サーチ
Musical instrument Search

楽器に関する情報が検索できます。

弦の数で楽器を探す
1本の弦 2本の弦 3本の弦

弦の数で楽器を探す。