2014/12/02

モセーニョ

アンデスの笛 モセーニョ
アンデスの笛 モセーニョ
南米アンデスのボリビア高地で使われている笛。

太い管と細い管が並行に並んでおり、太い管は笛そのもので、細い管は息を送り込むためのもの。本体の笛が長いのでぐるっと迂回させている。
いわゆるリコーダーと同じ構造で音が出るのだけれども、縦笛にすると「口と手」が離れすぎて演奏できないので、このような横笛になってる。大小様々あって、小さいものは縦笛のスタイルだ。