2009/05/03

1本の弦/トゥンビ

パキスタン、インド(パンジャブ地方)の民族楽器。

デンデン太鼓に棒を差し込んで、弦を1本張ったような形。全長40cmほどでウクレレと同じくらいのサイズだが演奏のしかたが変わっている。
ウクレレなら小脇に抱えてかき鳴らすという弾き方だが、トゥンビは頭の部分と胴体の太鼓の部分を両手で持って、右手の人差し指でチマチマと弦をはじく。キンココ ギンココ と鳴る。

パンジャブ地方のフォークシンガーは人差し指でリズムを刻み、微妙な音程を伴奏として唄を歌う。