2012/10/13

シャリュマイ

シャリュマイ (Schalmei  / Schalmeien)
シャリュマイ (シャルマイ)
シャリュマイは金管楽器のフリをした木管楽器だ。
高音・低音、色んな大きさのものがある。低音のシャルマイは吹き口の部分の管が折り返されていてサクソフォンの様になっている。
特徴的なのはベルがいっぱい付いていること。最低で、8個のベルがあって、もっとたくさんのついたのもある。

ハーモニカやアコーディオンの発音原理と同じ構造を持つフリーリードの楽器なので、比較的簡単に音は出るようだ。

シャリュマイという名前は、もともとショーム(Shawm)という木管楽器の名前で、シャルマイ(Schalmei)はドイツ語。そして、この「マルチベルのラッパもどき」にもシャリュマイという名前を流用したようだ。
小太鼓と一緒にパレードやイベントで何十人もが集まって演奏したりする。