2009/12/31

クラビコード

クラビコード
クラビコードは、16世紀~18世紀にかけて使われたヨーロッパの鍵盤楽器。
鍵盤を押さえることにより小さな金属ハンマーが「弦の長さを固定する」「弦をたたく」という二つのアクションを同時に行うようになっている。鍵盤を強く押し込むと弦の張りが強くなるのでビブラートをかけることもできる。
理論的には1本の弦だけで多数の音を出すことができるが、1本だけだと和音が出せないので複数の弦を配置している。
現代では簡単に持ち運びができる電子キーボードがあるが、クラビコードもテーブルに置いて演奏できる小柄な楽器なので当時の一般家庭にも普及したことだろう。
Clavichordのクラビは鍵盤のことであり、コードは線(つまり弦)だ。