2009/11/26

ラケット

ラケット
黒澤隆朝の世界楽器大事典にはこう記載されている。
「ラケットは、16世紀ごろに現れて、18世紀には消えてしまったが、どこでだれが設計したものかいっさい不明である」と。

丸い木の筒に10本の穴があいていて、それぞれつながっている。練炭かレンコンのような感じ。吹き口はファゴットのような真鍮の管があり、ダブルリードが音源。ラケット・ファゴットとも呼ばれていたようで、たしかにファゴットを縮めてコンパクトにしたような楽器だ。
構造からして木管楽器と呼ぶべきだろうが、長い筒になっていないので、どうも管楽器というイメージではない。演奏時はコップに入ったジュースをストローで飲んでいるようなスタイルになるだろうな。
アルト、テノール、バスなどがあったようだ。