2009/06/02

1本の弦/トロンバマリーナ

トロンバマリーナ不思議な楽器だ。
コントラバスのように大きくて弓で弾くのだけれど低音が出るわけではない。大きいものは2メートルほどある。
ハーモニックス(倍音)で弦を振るわせるので図体がデカイわりには高い音。ハーモニックスは弦を指板に押さえ込まないで触れるだけ。触れるだけなら簡単かというとそうではない。弦の長さの半分、1/3、1/4・・・・・と、しっかりと位置を見極めないとうまく鳴ってくれない。
弦は1本。

トロンバマリーナという名前もあやしい。「海のトランペット」ということだけど、なぜこんな名前がついたのかもはっきりしていないらしい。