2009/01/04

1本の弦/ビリンバウ

ビリンバウビリンバウはブラジルの楽器。
弓矢のような形をしていて、一本の弦を張ってある。音を増幅させるためにくっつけてあるのは瓢箪(ひょうたん)だ。
ちょっと長いめの箸のような棒で弦をたたく。ビヨン・ビビ・ビヨンてな感じ。
たたく手にには棒だけではなく小さな籠も持ってる。この籠はカシシといってマラカス見たいにシャカシャカと音が鳴る。
ビヨンビヨンと弦を鳴らしながら、同時にカシャカシャとリズムを刻むわけだ。