2009/01/04

1本の弦/ゴピチャン

ゴピチャン ゴピチャンはインドの楽器。
Gopichant とか Gopichand とつづるのでゴピチャントかもしれないし、ゴピチャンドかもしれない。
まあ、外国語をカタカナ表記するのは所詮無理があって、あまり馴染みのない名詞はあれこれと呼ばれてしまうことになる。
共鳴箱の役目をする本体は木製か瓢箪で、底には皮が張ってある。板バネのように削った竹を柱にして、1本の弦を真ん中に配置。

弦を指ではじいてビンビン鳴らすわけだが、竹の柱を握ると弦の「張り」が変わるのでクネクネとした独特の音になる。