2008/10/12

いろんなギター

楽器事典 楽器図鑑 gakki jitenとても人気があって、あらゆるジャンルの音楽に使われているためギターにはたくさんの種類がある。名前の付け方もまちまちだ。

大きくはアコースティックとエレクトリックに分類することができるが、それぞれ弦の数、弦の材質、また演奏方法の違いなどによってさまざまなカタチに発展した。

和音が出る、リズムをきざむことができる、メロディを弾くことができる、低音部ではベース音を鳴らせる。このように音楽の基本要素はすべて表現することができるうえ、管楽器とは違い演奏しながら歌うこともできる。
これらの優れた点を残したまま、あらゆるジャンルに対応して進化した。いや、対応してきたというよりもギターは新しい音楽表現形式を作ってきたのではなかったか。

1.クラシックギター
2.クラシックギター(10弦)
3.フォークギター
4.フォークギター(12弦)
5.テナーギター(4弦)
6.ドブロギター
7.エレクトリックギター(ソリッド)