2008/09/23

雅楽の楽器 ~ 雅楽の三管

雅楽の三管:笙、篳篥、龍笛
雅楽の三管
リードを使った楽器は日本にもある。笙(しょう)や篳篥(ひちりき)は葦を薄く削ったリードが音の発生源。
雅楽(ががく)で使われる楽器なんだけど、もう一つ龍笛という横笛をくわえて雅楽の三管というようだ。それぞれの音のイメージに役割があって、雅(みやび)の世界を表現する。

雅楽について詳しく書かれたページを紹介
・笙  天からさしこむ光
・篳篥 地にこだまする人の声
・龍笛 空を舞い立ち昇る龍 
それぞれの響きが重なりあうとき 1つの宇宙が聞こえてきます。遥かなひとが想い描いた たゆたう時間はみやびのがく。
ttp://www.gagaku.net/
「雅楽のホームページ」より引用